現代社会において、うつ病(藤原紀香主演のドラマの題材にもされましたね)は深刻な病気とされています。 そのうつ病の治療法は、大きく分けて2つです。 ・認知療法 ・投薬療法 上記2つが挙げられます。 最初に認知療法ですが、うつ病患者は現実に対して否定的な感情(自分である程度コントロールできるようになると、人間関係が楽になるでしょう)になり、行動意欲が低下する傾向にあります。 本来、自分の感覚と現実社会には何かしらのズレが存在するものです。 そのズレに対して、自分の意思で対応しようとしますが、うつ病患者のほとんどが否定的な感情から対応ができなくなっていらっしゃるのではないでしょうか。 そこで、精神科医(精神医学を専門にしており、精神疾患の治療にあたる医師のことです)や心理士とのカウンセリング(多?の民間資格が存在するため、場合によっては相談するのに値しないような人がカウンセラーを名乗っていることもあるでしょう)を通して、日常生活の中での自分が思っている事や状態を確認できるようにすることで、今の悩みを改善する方向に持っていくのです。 次に、投薬治療ですが、うつ病(細川貂々さんのエッセー漫画「ツレがうつになりまして。」が話題になりました)になる原因(時にはこれを考えて改善することで、より良い未来へとつながっていくはずです)には、神経の伝達異常があると言われています。 そのため、抗うつ薬を服薬することで、伝達機能を正常に戻すことができるでしょう。 つまり、薬を飲む事により精神的に落ち着く事ができるのです。 しかし、副作用として、睡魔に襲われたりします。 また、服薬についても、不安な点があったら必ず相談する事が重要ですー